鈴与建設

お問い合わせ

技術・サービス

  1. ホーム
  2. 技術・サービス
  3. 老朽化対策・予防保全工事

インフラの長寿命化を目指して 老朽化対策・予防保全工事

社会資本整備は「スクラップ&ビルド」から「ストック活用」の時代を迎えています。鈴与建設では土木構造物のスペシャリストによる調査・診断をもとに戦略的なメンテナンスを実施し、生活環境の再生と創造を目指します。

橋梁

日常生活に欠かすことができない「橋」が長年の疲労の蓄積により損傷しています。当社では、長年積み上げてきた建設ノウハウを活かして、橋の補修補強工事を行っています。重要なのは、適切な調査・診断です。当社は、3名の「コンクリート診断士」により調査・診断した後に、最適な補修方法を選定して施工します。大きな主要幹線、小さな生活道路を問わず、大切な「橋」を今後も守り続けます。

橋梁

トンネル

トンネルからのコンクリート片の落下事故を予防するために、当社では東名高速道路の日本坂トンネルの補修工事を行いました。総延長2,555mのトンネル全線にわたって全面的に調査した後に、緊急措置が必要な箇所から優先的に補修しました。
これからも高速道路利用者の快適な通行を影ながら支えていきます。

トンネル

管路

私たちが当たり前のように使用できている水道管・下水道管も、長年の疲労によって痛んでいます。いま必要なことは、これら生活基盤に欠かすことができない管路をいつまでも安心・安全に使用し続けるための「更正」です。当社では、さまざまな大きさ・形の管路に対応した更正技術を保有しています。私たちの暮らしを足元から支えるために、地面の下で「管更正」の責務を果たし続けます。

管路

<老朽化対策・予防保全工事>の施工実績はこちら